FX会社・口座一覧
SBI FXトレード
SBI FXトレード
DMM FX
DMM.com証券
外為ジャパンFX
DMM.com証券
FXネオ
GMOクリック証券
LION FX
ヒロセ通商
外貨ex
YJFX!
選べる外貨
FXプライムbyGMO
楽天FX
楽天証券
外貨ネクストネオ
外為どっとコム
外為オンライン
外為オンライン
シストレ24
インヴァスト証券
トライオートFX
インヴァスト証券
FXブロードネット
FXブロードネット
マネックスFX
マネックス証券
みんなのFX
トレイダーズ証券
LIGHT FX
トレイダーズ証券
FXTF MT4
ゴールデンウェイ・ジャパン
MATRIX TRADER
JFX
OANDA fxTrade
OANDA Japan
シストレFX
auカブコム証券
FX CHOICE
サクソバンク証券
JNB-FX PLUS
ジャパンネット銀行
FXダイレクトプラス
セントラル短資FX
ひまわりFX
ひまわり証券
マネースクエアFX
マネースクエア
パートナーズFX
マネーパートナーズ
パートナーズFX nano
マネーパートナーズ
ライブスターFX
ライブスター証券
岡三アクティブFX
岡三オンライン証券
外貨アクティブ
上田ハーロー
Avaトレーダー
アヴァトレード・ジャパン
フィリップFX
フィリップ証券
アイネットFX
アイネット証券
FOREX.com
ゲインキャピタル・ジャパン
EVO
外為ファイネスト
俺のMT4
FOREX EXCHANGE
JForex
デューカスコピー・ジャパン
LINE FX
LINE証券
ダイワFX
大和証券
FX (松井証券)
松井証券
EZ MT4
EZインベスト証券
じぶん銀行FX
auじぶん銀行
MONEYKit
ソニー銀行
FX (新生銀行)
新生銀行
FX (あい証券)
あい証券
FX (スターリング証券)
スターリング証券
FX (セントレード証券)
セントレード証券
ノムラFX
野村證券
ネオモバFX
SBIネオモバイル証券
更新日:2020年12月01日 | 公開日:2020年12月01日

FXの売買シグナルに関して解説!売買シグナルアプリを利用すれば見逃さない!?

この記事のポイント

未来予想系チャートを使えば未来のチャートの売買シグナルを確認できる

テクニカル指標によって発生する売買シグナルが異なる

売買シグナルアプリを使えば売買シグナルの発生を通知してくれる

売買シグナルはFXで取引を行う際にとても重要な指標になります。

売買シグナルを判断するには、テクニカル分析を行う必要があります。しかし FX初心者がテクニカル分析を行い、正確な売買シグナルを判断するのはとても難しいのが事実です

しかしFX業者が配信している 売買シグナルアプリは売買シグナルが発生した際に通知をしてくれる機能があるためFX初心者におすすめです。

今回は、 FXの売買シグナルと売買シグナルアプリに関して紹介していきます

気になるトピックをタップ!

FXの売買シグナルとは?

考える男性

売買シグナルとは?

FXで言われている売買シグナルとは、テクニカル指標によって予測された売りと買いのタイミングを示した合図です。

使用するテクニカル指標によって予測される売買シグナルは異なります。そのため複数のテクニカル指標を併用し活用することで精度の高い売買シグナルの予測を行えます。

複数のテクニカル指標を併用して予測された売買シグナルを根拠に取引を行うとリスクを抑えた取引が行えます。

未来予想系チャートとは

未来予想系チャートとは、現在のチャートと似たような値動きをしている過去のチャートを基に未来のチャートの値動きと売買シグナルを予測する機能です。

未来予想系チャートは売買シグナルアプリに搭載されている機能の1つであるため、使用するには売買シグナルアプリをインストールする必要があります。

売買シグナルアプリで時間足や日足などの足種と通貨ペアを選択するだけで未来予想系チャートを利用できます

未来予想系チャートでは現在のチャートと過去のチャートとの一致率も確認できるため、一致率が高いチャートは同じような動きをすると予測ができます。しかし 必ず同じ動きをすると保証されているわけではないので注意が必要です。

FXの各テクニカル指標における売買シグナル

調べる人

移動平均線

相場との比較

相場と動きと移動平均線で発生する売買シグナルは以下の通りです。

1

相場の値動きが移動平均線の下から上に突き抜けた場合は買いのシグナル

2

相場の値動きが移動平均線の上から下に突き抜けた場合は売りのシグナル

長期・短期の線を比較

長期と短期の移動平均線で発生する売買シグナルは以下の通りです。

1

ゴールデンクロス : 短期の移動平均線が長期の移動平均を下から上に移動する際に強い買いのシグナルが発生します。

2

デッドクロス : 短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に移動する際に強い売りのシグナルが発生します。

サポートライン・レジスタンスライン

サポートラインとレジスタンス付近で発生する売買シグナルは以下の通りです

1

サポートライン付近ではチャートの反転によって価格が上がると予測されるため、買いのシグナルが発生します。

2

反対にレジスタンスライン付近ではチャートが反転し、価格が下がると予測されるので、売りのシグナルが発生します。

一目均衡表

一目均衡表は5本のラインを引いて相場分析を行うテクニカル指標です。

一目均衡表で予測できる売買シグナルの定義は以下の3つのパターンがあります。

1

好転逆転シグナル

2

雲シグナル

3

遅行スパンシグナル

好転逆転シグナルとは、チャート上に引かれた 転換線と基準線が交差すると売買シグナルを発生させるのが特徴です。

雲シグナルとは、雲と呼ばれるチャート上に引かれた先行スパン1と先行スパン2の間を チャートが突き抜けるか触れると売買シグナルが発生します。

遅行スパンシグナルとは、チャート上に引かれた 遅行スパンとチャートが交差する時に生じる売買シグナルです。

3つのシグナル全てで以下の共通があります。

1

下から突き抜けた場合は買いのシグナルが発生

2

上から突き抜けた場合は売りのシグナルが発生

RSI

RSIは相対力指数とも呼ばれており、計算によって求められたRSIによって市場の状況が買いに偏っているか、売りに偏っているかを判断するのに使用されるテクニカル指標です。

RSIの数値が75%以上の場合は買いに偏っていると判断され25%以下の場合は売りに偏っていると判断されます

RSIには、位置と呼ばれる売買シグナルの定義があります。位置シグナルはRSIの設定値が上回るか下回った場合に売買シグナルが発生します。

RSIの位置シグナルの定義は以下の通りです。

1

RSIの数値が買いの数値に到達した場合は買いのシグナルが発生

2

RSIの数値が売りの数値に到達した場合は売りのシグナルが発生

ストキャスティクス

一般的なシグナル

ストキャスティクスとは、RSIと同様に計算によって求められた数値によって市場の状況が買いに偏っているか、売りに偏っているかを判断するのに使用されるテクニカル指標です。

計算によって求められた %Kか%Dの数値が75%以上の場合は買いに偏っているため売りのシグナルが発生します。

逆に買いのシグナルは %Kか%Dの数値が25%以下の場合は売りに偏っているため発生します。

ファストストキャスティクスにおけるシグナル

ファストストキャスティクスとは%Kと%D2本のラインを使用して売買シグナルを判断します。ファストストキャスティクスでは、 ゴールデンクロスとデッドクロスの2つの売買シグナルが発生します

売買シグナルの定義は以下の通りです。

1

ゴールデンクロス : %Kのラインが%Dのラインを下から上に突き抜けた時に発生する買いのシグナル

2

デッドクロス : %Kのラインが%Dのラインを上から下に突き抜けた時に発生する売りのシグナル

スローストキャスティクスにおけるシグナル

スローストキャスティクスとは、%Dと%Dの移動平均線であるSlow%D、の2本のラインを使用して売買シグナルを判断します。 ファストストキャスティクス同様に、ゴールデンクロスとデッドクロスの2つの売買シグナルが発生します

売買シグナルの定義は以下の通りです。

1

ゴールデンクロス : %DのラインがSlow%Dのラインを下から上に突き抜けた時に発生する買いのシグナル

2

デッドクロス : %DのラインがSlow%Dのラインを上から下に突き抜けた時に発生する売りのシグナル

MACD

MACDとは短期の移動平均線と長期の移動平均線、の2本のラインを使用して売買の判断をするテクニカル指標です。

売買シグナルの発生は以下の2つの方法で判断できます。

1

MACDとシグナル線との位置関係

2

ゼロラインとの位置関係

MACDとシグナル線との位置関係によって発生する売買シグナルは、クロスシグナルと呼ばれており MACDとシグナル線が交差する時に発生するのが特徴です。

そのため、他のテクニカル指標同様にゴールデンクロスでは買いのシグナルが発生し、デッドクロスでは売りのシグナルが発生します。

ゼロラインとの位置関係によって発生する売買シグナルはクロス (ゼロ) シグナルと呼ばれており、 MACDとシグナル線が交差した後にゼロラインを突き抜けた際に発生します。

売買シグナルが発生するのは以下のタイミングです。

1

買いのシグナル : ゴールデンクロスが発生後に、両方のラインがゼロラインを上に突き抜けた際に発生

2

売りのシグナル : デッドクロスが発生後に、両方のラインがゼロラインを下に突き抜けた際に発生

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、移動平均線を含めた5本のラインを使用して分析を行うテクニカル指標です。

移動平均線線よりも上に引かれる2本のラインは買いのシグナルを判断するのに使用され、移動平均線よりも下に引かれる2本のラインは売りのシグナルを判断するのに使用されます

ボリンジャーバンドで発生するシグナルは以下の2つです。

1

第一支持抵抗 : チャートが内側のラインに触れた時に発生

2

第二支持抵抗 : チャートが外側のラインに触れた時に発生

第一支持抵抗シグナルでは、買いと売りのシグナルを判断する2本のラインのうち、内側のラインにチャートが触れた時に発生します。

一方第二支持抵抗シグナルは、買いと売りのシグナルを判断する2本のラインのうち、外側のラインにチャートが触れた時に発生します。

パラボリック

パラボリックとは、上昇線と下降線の2本のラインとチャートの位置関係によって売買シグナルを判断するトレンド系のテクニカル指標です。

パラボリックで発生するシグナルは、 クロスシグナルと呼ばれておりチャートが反転した時に発生します

クロスシグナルの発生タイミングは以下の通りです。

1

買いのシグナル : チャートが下降線に触れたタイミングで発生

2

売りのシグナル : チャートが上昇線に触れたタイミングで発生

ポイントアンドフィギュア

ポイントアンドフィギュアとは、上昇 (×印) と下降 (○印) の位置と回数で売買シグナルを判断するテクニカル指標です。

ポイントアンドフィギュアで発生するシグナルは以下の通りです。

1

ダブルシグナル

2

信号型シグナル

3

トリプルシグナル

ダブルシグナルは、 2行前の安値か高値を更新した時にシグナルが発生します。買いのシグナルは高値を更新した時に発生し、売りのシグナルは安値を更新した時に発生するのが特徴です。

信号型シグナルは、 安値を切り上げながら同時にダブルシグナルを発生させる場合と、高値を切り下げながら同時にダブルシグナルを発生させる時に発生します

安値を切り上げながらダブルシグナルを発生させている場合は買いのシグナルが発生し、高値を切り下げながらダブルシグナルを発生させている場合は売りのシグナルを発生させます。

トリプルシグナルは、 2行前と4行前の安値か高値を更新した時に発生します。買いのシグナルは高値を更新した時に発生し、売りのシグナルは安値を更新した時に発生するのが特徴です。

%Rオシレーター

%Rオシレーターも数値を基に市場が買いに偏っているか売りに偏っているかを判断するテクニカル指標です。0%近辺では買いに偏っており、100%近辺では売りに偏っていると判断されます。

%Rオシレーターで発生するシグナルは以下の通りです。

1

位置シグナル

2

ガーベージシグナル

位置シグナルとは、 %Rが設定した数値を上回るか下回った時に発生します。設定した買いの数値に達すると買いのシグナルが発生し、設定した売りの数値に達すると売りのシグナルが発生します。

ガーベージシグナルは、 %Rが設定した数値の範囲内から抜けたタイミングで発生するのが特徴です

%Rが設定した買いの数値の範囲内にいる状態から下に突き抜けた場合に買いのシグナルが発生し、%Rが設定した設定した売りの数値の範囲内から上に突き抜けた場合に売りのシグナルが発生します。

モメンタム

モメンタムとは相場の勢いや方向性を判断するテクニカル指標です。

モメンタムの売買シグナルはゼロラインシグナルと呼ばれ、 モメンタムがゼロラインと交差したタイミングで発生します。

ゼロラインを下から上に突き抜けた場合は買いのシグナルが発生し、ゼロラインを上から下に突き抜けた場合は売りのシグナルが発生します。

FXの売買シグナルを確認可能なアプリ

スマホとチャート図

FXプライム byGMO「ぱっと見テクニカル」

ぱっと見テクニカルには以下の特徴があります。

ぱっと見テクニカルの特徴

未来予想系チャート

対応

売買シグナル表示

非対応

売買シグナルプッシュ通知

非対応

通貨ペアの種類

20種類

足種の種類

9種類

20種類の通貨ペアに対応しており、メジャー通貨だけでなくマイナー通貨にも対応しているのが特徴です。また9種類の足種に対応しているため、 短期から長期まで幅広い時間足で多くの通貨ペアの売買シグナルを確認できます

他社のアプリとは異なりFXアプリに搭載されているため、 未来予想チャートを確認しながら取引を行えるのも特徴です。

外為どっとコム「ぴたんこテクニカル」

ぴたんこテクニカルには以下の特徴があります。

ぴたんこテクニカルの特徴

未来予想系チャート

対応

売買シグナル表示

対応

売買シグナルプッシュ通知

対応

通貨ペアの種類

12種類

足種の種類

7種類

メジャー通貨ペアとマイナー通貨ペアを含めた12種類の通貨ペアに対応しています。また足種も7種類に対応しているため、様々な通貨ペアの短期から長期の売買シグナルを確認できるのが特徴です。

売買シグナルに関してもプッシュ通知機能があるので、 売買シグナルが発生したタイミングで通知が届き取引チャンスを逃しません

しかし 過去13週間以内の取引で1,000通貨以上の取引実績が無ければアプリの機能が制限されてしまうので注意が必要です。

JFX「未来予測チャート」

未来予想チャートには以下の特徴があります。

未来予想チャートの特徴

未来予想系チャート

対応

売買シグナル表示

対応

売買シグナルプッシュ通知

対応

通貨ペアの種類

6種類

足種の種類

4種類

MATRIX TRADERは、 スキャルピングに制限を設けていないため、1分足を選択して売買シグナルを確認すれば、利益を狙った取引が行えます

また ログインを行わなければ機能が制限されるため、取引チャンスを逃してしまう可能性があるので注意が必要です。

セントラル短資FX「みらいチャート」

みらいチャートには以下の特徴があります。

未来チャートの特徴

未来予想系チャート

対応

売買シグナル表示

対応

売買シグナルプッシュ通知

非対応

通貨ペアの種類

15種類

足種の種類

7種類

みらいチャートは ブラウザ版のみしかないため売買シグナルのプッシュ通知は受け取れないので注意が必要です。

しかし15種類の通貨ペアと7種類の足種に対応しており、他社のアプリに引けを取らない性能になっています。

みらいチャートを利用するには口座の開設が必要になります

ひまわり証券「さきどりテクニカル」

さきどりテクニカルには以下の特徴があります。

さきどりテクニカルの特徴

未来予想系チャート

対応

売買シグナル表示

対応

売買シグナルプッシュ通知

非対応

通貨ペアの種類

6種類

足種の種類

4種類

さきどりテクニカルも ブラウザ版のみの提供になっているため、売買シグナルのプッシュ通知を受け取れません。

しかしさきどりテクニカルは、 現在のチャート部分にテクニカル指標を表示できる唯一の未来予測系チャートです

対応しているテクニカル指標は以下の3つです。

1

SMA

2

ボリンジャーバンド

3

RSI

ヒロセ通商「さきよみLIONチャート」

さきよみLIONチャートには以下の特徴があります。

さきよみLIONチャートの特徴

未来予想系チャート

対応

売買シグナル表示

対応

売買シグナルプッシュ通知

対応

通貨ペアの種類

6種類

足種の種類

4種類

さきよみLIONチャートには機能がかなり制限されたお試し版も用意されています。 全ての機能を利用したいトレーダーは口座を開設しログインする必要があります

口座開設し ログインすると売買シグナルのプッシュ通知を受け取れるため、取引チャンスを逃す心配が少なくなります。

ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF未来チャート」

FXTF未来チャートには以下の特徴があります。

FXTF未来チャートの特徴

未来予想系チャート

対応

売買シグナル表示

対応

売買シグナルプッシュ通知

対応

通貨ペアの種類

6種類

足種の種類

5種類

FXTF未来チャートはバイナリーオプションを行うトレーダーに向けて配信されており、 短期売買に特化した性能になっています。対応している足種も最長で1時間足のため、短期で売買シグナルを確認したいトレーダーにおすすめです。

また、 MT4など豊富なツールを使用できるのも特徴です

マネーパートナーズ「かんたんトレナビ」

かんたんトレナビには以下の特徴があります。

かんたんトレナビの特徴

未来予想系チャート

対応

売買シグナル表示

対応

売買シグナルプッシュ通知

非対応

通貨ペアの種類

22種類

足種の種類

5種類

かんたんトレナビは22種類の通貨ペアに対応しており他社に比べて多くの通貨ペアで売買シグナルの確認が行えます。

メジャー通貨ペアやマイナー通貨ペアだけでなく、 金/米ドルや銀/米ドルの売買シグナルを確認できるのはかんたんトレナビだけです

また トレンドが継続しているローソクの本数が表示できるのも特徴です。

みんなのFX「TMサイン」

TMサインには以下の特徴があります。

TMサインの特徴

未来予想系チャート

対応

売買シグナル表示

対応

売買シグナルプッシュ通知

対応

通貨ペアの種類

1種類

足種の種類

11種類

TMサインで対応している 通貨ペアは米ドル/円の1種類のみです。しかし対応している足種は11種類と非常に豊富です。

TMサインで表示される売買シグナルはテクニカル指標などで判断された売買シグナルではなく、 AIが市場を分析し予測した売買シグナルであることが特徴です

またAIによって予測された売買シグナルは確率も表示されます。

OANDA Japan「fxTrade」

fxTradeには以下の特徴があります。

fxTradeの特徴

未来予想系チャート

対応

売買シグナル表示

対応

売買シグナルプッシュ通知

対応

通貨ペアの種類

71種類

足種の種類

5種類

fxTradeには、プライスシグナルOANDA Alertsの2つのプッシュ通知機能があります。

プライスシグナルとは、任意で設定した移動平均線にチャートが触れたタイミングで通知してくれるシンプルな通知機能です。

一方OANDA Alertsは、オートチャーティストで発生した売買シグナルだけを通知するのではなく、 経済指標の予測や他の銘柄の価格予測などの通知を一緒に受け取れる特徴があります。

2つのプッシュ通知は日本語に対応しておらず英語で配信されるので注意が必要です

サクソバンク証券「SaxoTraderGO」

SaxoTraderGOには以下の特徴があります。

SaxoTraderGOの特徴

未来予想系チャート

対応

売買シグナル表示

対応

売買シグナルプッシュ通知

対応

通貨ペアの種類

55種類

足種の種類

5種類

対応している通貨ペアを一覧で表示できるウォッチリスト機能があるため、売買シグナルが発生しそうな通貨ペアを探しやすく、取引チャンスを逃しません

また ios版のアプリであれば日本語にも対応しているため使いやすいですが、android版は日本語に対応していないので注意が必要です。

FXの売買シグナルまとめ

FXの売買シグナルは使用するテクニカル指標によって異なります。そのため、 早い段階で自分に合ったテクニカル指標を見つけるのがとても重要になってきます

売買シグナルアプリを使用すると、アプリが選択したテクニカル指標を基にテクニカル分析を行い、売買シグナルを予測してくれるのが特徴です。

また未来予想系チャートを活用すると、 現在だけでなく未来のチャートでの売買シグナルを予測できるためFX初心者でも利益を狙った取引が行えるようになります。

執筆者情報

執筆者情報

FX部 | 【外国為替の投資情報】サイト
FX部 編集部
情報量圧倒的No,1 - 初心者のためのFX・外為投資情報の専門サイト【FX部】の編集部です。FXの始め方や外国為替の買い方、投資のコツを中心にさまざまなコンテンツをお届けしていきます。また、国内・海外のFX会社・口座を『人気ランキング』や『スプレッド・手数料』などから比較し、みなさんに本当におすすめの口座をご紹介!

人気ランキング

1
スプレッドは業界最狭水準!
20,000円キャッシュバックキャンペーン中!
取引ツールが使いやすく初心者でも安心
詳細を見る
2
業界最高水準の低スプレッドと高金利スワップを両立
口座開設で最大30,000円キャッシュバック!
取引ツールの高い操作性で、誰でも使いこなせる!
詳細を見る
3
外貨積立も安心のシステム!
口座開設で最大30,500円もらえる!
1通貨から取引可能で、初心者におすすめ!
詳細を見る

キャンペーン特典 キャッシュバック

FX会社・口座一覧
SBI FXトレード (SBI FXトレード)
DMM FX (DMM.com証券)
外為ジャパンFX (DMM.com証券)
FXネオ (GMOクリック証券)
LION FX (ヒロセ通商)
外貨ex (YJFX!)
選べる外貨 (FXプライムbyGMO)
楽天FX (楽天証券)
外貨ネクストネオ (外為どっとコム)
外為オンライン (外為オンライン)
シストレ24 (インヴァスト証券)
トライオートFX (インヴァスト証券)
FXブロードネット (FXブロードネット)
マネックスFX (マネックス証券)
みんなのFX (トレイダーズ証券)
LIGHT FX (トレイダーズ証券)
FXTF MT4 (ゴールデンウェイ・ジャパン)
MATRIX TRADER (JFX)
OANDA fxTrade (OANDA Japan)
シストレFX (auカブコム証券)
FX CHOICE (サクソバンク証券)
JNB-FX PLUS (ジャパンネット銀行)
FXダイレクトプラス (セントラル短資FX)
ひまわりFX (ひまわり証券)
マネースクエアFX (マネースクエア)
パートナーズFX (マネーパートナーズ)
パートナーズFX nano (マネーパートナーズ)
ライブスターFX (ライブスター証券)
岡三アクティブFX (岡三オンライン証券)
外貨アクティブ (上田ハーロー)
Avaトレーダー (アヴァトレード・ジャパン)
フィリップFX (フィリップ証券)
アイネットFX (アイネット証券)
FOREX.com (ゲインキャピタル・ジャパン)
EVO (外為ファイネスト)
俺のMT4 (FOREX EXCHANGE)
JForex (デューカスコピー・ジャパン)
LINE FX (LINE証券)
ダイワFX (大和証券)
FX (松井証券) (松井証券)
EZ MT4 (EZインベスト証券)
じぶん銀行FX (auじぶん銀行)
MONEYKit (ソニー銀行)
FX (新生銀行) (新生銀行)
FX (あい証券) (あい証券)
FX (スターリング証券) (スターリング証券)
FX (セントレード証券) (セントレード証券)
ノムラFX (野村證券)
ネオモバFX (SBIネオモバイル証券)
関連情報サイト

※掲載情報には本サイトのFX会社・口座比較情報に掲載・参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。 ※本サービスはFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報の提供を目的としています。FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 ※キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ※本サービスに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 ※本サービスでは十分な注意を払ってFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報提供を行っておりますが、本サービスに掲載されている情報は、情報の真偽、FXの評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも、当社は一切の責任を負わないものとします。投資に関するすべての意思決定は、利用者個人の判断で行っていただきますようお願いいたします。 ※本サービスにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 ※本ページには、各FX取扱事業者を始めとする他社・他の機関のサイトへのリンクが設置されておりますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 ※本サービスのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、利用規約にご同意いただいたものとします。 ※手数料は全て「税込み」にて表示しております。 ※スワップポイントは1万通貨/1日あたりの値を掲載しています。 ※最新情報は各FX取扱事業者の公式サイトにてご確認ください。

Copyright © 2020 dotmedia, Inc. All rights reserved.